あえて自費治療を選ぶメリット

自費治療を選ぶメリットを考える

医療費はできるだけ抑えたい、というのは誰もが思うことではないでしょうか。もちろん全く同じ内容の治療であれば安いにこしたことはありませんが、保険適用内の治療と適用外である自費治療では、その治療内容や使われる器具、部品の素材や品質にも大きな違いがあります。そのため、安価な保険適用治療をそのまま選んだものの、後々何度も通うことになってしまったというケースも少なくありません。安かろう悪かろうという状況を避けるためにも、慎重な判断が必要です。
例えば、虫歯の治療においては初期治療では詰め物や被せ物が必要になりますが、保険適用内のレジンの他にも、セラミック、金属など様々な優れた素材があります。素材によって、取れにくい、見た目が良い、アレルギーを気にしなくて良いなど様々な特徴があるので、ご自身の身体と相談して選択することで、長期的な治療費も変わってくる可能性があります。

歯科矯正や審美歯科

歯並びを整える歯科矯正は、直接的には治療に結びつかないものの、身体の疲労や不調を軽減させたり、虫歯になりにくくさせたりする効果があります。
ホワイトニングに代表される審美歯科においても、美しい歯は今やマナーとも考えられており、その周りに与える清潔感や自信をつけることによって、人間関係をも向上させる働きがあるとも言われています。
矯正治療に関しては様々な種類があるものの、大体80〜120万円が相場のようです。ホワイトニングに関しても、マニキュアタイプのものからクリーニング、ブリーチング、キットを使用して自宅で行うものなど、様々な方法が利用されています。また、白くしたいレベルや歯の本数によっても違いがあります。ちなみに、よく知られているホワイトニングだと、1回につき1〜5万円程度が相場です。
いずれにしても、目的や予算、そして何よりも健康を第一に考えて、ベストな選択をしていきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top