歯科治療における種類ごとの相場

初診や定期健診などの歯周基本検査

初めて歯医者にかかる場合は初診料が必須となり、全国で一律¥2700と決められています。初回の診察以外でも、最後の診察から1ヶ月以上間が空いてしまった場合は支払う必要があります。
初回の状態チェックでは、基本的には歯周の基本的な検査に加え、状況によってレントゲン、クリーニング、スケーリングと呼ばれる歯石除去が行われます。
ここで価格の開きがあるのがレントゲンです。レントゲン撮影の有無に加え、行う場合も使用している機械によってその価格は¥700〜10000と大きく変わります。視診で良いと医師が判断した場合はレントゲン撮影がない場合もありますが、レントゲンによって判明する虫歯などもあるため、信頼の置ける医師に見てもらうに越したことはありません。
スケーリングはおよそ¥800〜1000が相場のようです。
以上から、初回から大きな治療を行わない限りは¥3000程度が相場と思っておくと良いでしょう。

症状別歯科治療の相場

歯の治療で最も多いのは虫歯治療ではないでしょうか。虫歯と言っても、自覚症状がない初期症状から、耐えられない程の痛みを伴う重症の場合まで、その度合いは様々です。レベルに応じて治療内容が変わりますが、初期から中期程度までは¥1500〜3000、悪化している場合は¥2000〜10000が相場と言われています。インレーやクラウンなど、いわゆる詰め物や被せ物が必要になる場合は追加費用が発生します。
多くの人が出くわす親知らずに関しては、乳歯の場合は約¥400、永久歯で¥500〜900、歯肉の中に埋まる埋伏歯だと¥900〜4000と、こちらも状況により変動します。
その他、口内炎では約¥600、歯周病治療は1本あたり¥300〜1000が相場のようです。歯周病治療の多くは、初期段階であれば歯石除去によってカバーできると言われていますが、進行して外科手術が必要になると、それに応じて治療費も高くなります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top